NEW WORLD

読んだ本の記録

2020年ベスト10冊

 

書きたいこと、たくさんあったのに…!何も書けね〜〜〜て毎日だらだら過ごしていたら12月30日になってしまったので2020年に読んだなかでも特におもしろかったベスト10だけ書いておこう、と思います(順不同です)

 

 

 

①コロナ時代の僕ら

コロナの時代の僕ら

コロナの時代の僕ら

 

一つ前の記事でも感想を書いたけど散々な2020年のなかでこの本が出版されてよかった

文学では薬やワクチンを作れなくてもこの時代に起こったことを共有し保存し次の世代へと繋げることができる

この先また人類が感染症と対峙するとき、この本が読み継がれてほしいな

 

 

②コロナ禍日記

また新型コロナ関連の本なんだけどまあ今年を象徴するものなので

作家・ミュージシャン・映画館やライブハウス関係者etcの方々が緊急事態宣言下で何を思いどのように過ごしたのか日記

ちょうど発売した頃は第二波で予定がキャンセルされたり辛い時期だったので王谷晶さんの真っ直ぐな怒りとエネルギーに溢れた日記やマヒトゥ・ザ・ピーポーさんの日記のこんな時代でも幸せになっていい、という一文に何度も励まされました

 

 

③天冥の標

天冥の標Ⅰ メニー・メニー・シープ(上)
 

Ⅶ 新世界ハープCまで読んだところで調子を崩してしまい続きはまだ読めてないですが……

本当におもしろくてどの巻もページを捲る手が止まらない夢中になって読んでしまう

特にⅡ 救世群は感染症を取り扱った話なのでこれまた今年読めてよかった

あとヒトとヒトでないものの話が好きなので恋人たち(ラヴァーズ)や石工のあたりはもとても刺さる

来年こそ完結まで読みたいな〜

 

 

④大絶滅恐竜タイムウォーズ

大絶滅恐竜タイムウォーズ (ハヤカワ文庫JA)

大絶滅恐竜タイムウォーズ (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者:草野 原々
  • 発売日: 2019/12/19
  • メディア: 文庫
 

Twitterで教養のあるボボボーボ・ボーボボって言われたけどわかる…

本当にめちゃくちゃなんだけどラストで完全にやられた

わたしたちは本を読みゲームで遊び映画やドラマを見る

そこで無数のキャラクターたちに出会い彼らに共感し感情移入する

そんな経験を今まで一度もしたことがない人はきっといないだろう

じゃあわたしたちのキャラとは?性格とは?キャラクターから感情や行動理由を学んだわたしたちは無数のキャラクターたちの模倣であり影では?という

それはそれとして主人公 ミカがダーウィンから東京オリンピックを目指し21世紀まで1ページで駆け抜けるシーンが好き

数行にあの情報量を詰め込むの、小説ならではの荒技

 

 

 

侍女の物語

侍女の物語

侍女の物語

 

また再読してちゃんと感想書きたいな、と思ってるけど今年読めてよかったと思う一冊

ディストピアって決してフィクションのものじゃなくわたしたちの生活と地続きであり小説の中のようなディストピアの種はそこら中にある

と気づかされた

そういえば続編が今年出たのでまとめて読みたいな

 

 

⑥人間たちの話

人間たちの話 (ハヤカワ文庫JA)

人間たちの話 (ハヤカワ文庫JA)

 

SFって難しそうとかよくわからんって人にめちゃくちゃ読んでほしい

宇宙に新しい生命体を探す表題作、人間たちの話がとても良いです

こんなに地球にたくさん人がいるのにどうして宇宙にも誰かいてほしいと思うんだろう

SFはどうしようもなく寂しくて誰かを求めるわたしたち人間たちのための話だ

たのしい超監視社会は1984年をパロディしつつ現代日本を揶揄した内容でおもしろかったしSFを身近に感じられる短篇集

 

 

⑦日本SFの臨界点[怪奇篇]ちまみれ家族

伴名練さんのファンです

このアンソロジーの企画が発表されたときからずっと楽しみにしてた

感想は別の記事にも書いてるけどこのなかに収録されているDECO-CHINは今年読んだ中でも特に余韻が凄かった…

あとぎゅうぎゅうと大阪ヌル計画は今読むととびきりホラーだなぁ

2020年はこのアンソロジーもだし次の異形コレクションも伴名練さんの新しい文章をたくさん読めて嬉しかった(アンソロの解説だけでもめちゃくちゃ読み応えがある)

 

 

 

異形コレクション ダークロマンス

めーーっちゃくちゃおもしろかった

前回までのシリーズを読んでなかったので復活のエモい流れにのれず寂しかったけど今なら言える本当に異形コレクションが復活して嬉しいです

ありがとうございます

これと異形コレクション蠱惑の本についてはまた別で感想書くつもりだけど異形コレクションのおかげで今最先端のホラー・幻想文学作品が読めたのでどんどん新規開拓していきたいな

 

 

狂四郎2030

狂四郎2030 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
 

男女が隔離され遺伝子学に基づく差別が蔓延るディストピアな2030年の日本でネット上で出会った1組の夫婦が現実で出会うまでの話

とにかく性描写が多いし人はバンバン死ぬしお下品下ネタギャグが多いので人には勧めづらいけど絶望の中でたった一つの愛を貫き通す物語なのでとても好きです…

女同士の連帯に弱いのでオアシス農場篇が一番好きだけどどのエピソードも本当におもしろい

それになにより徳弘正也先生、人間の表情を描くのが上手すぎる

怒りや悲しみを呑み込み折れそうになりながらもがく人間の顔が上手い……のでより一層主人公 狂四郎やヒロイン 志乃の笑顔がとても眩しく力強く感じた

狂四郎と志乃、バベンスキーもみんないつまでも幸せでいてくれ…

 

 

⑩忍者と極道

もはや忍者と極道を抜きにしてわたしの2020年は語れないほど沼(ハマ)った

互いに殺し合う運命でありながらそれと知らずに友だちになる高校生(忍者)と会社員(極道)のお話です

現代男版ロミオとジュリエットみたいな

(ちなみに忍者と極道は二人の属性であり名前で読み方はシノハとキワミ)

3巻帯のクソデカ忍法帖という言葉がピッタリなハイテンションでスケールのデカいバトル、飛び交う生首、独特のルビ表現、プリキュアネタやパロディ、そしてとにかくこれはこういうものなんだ!!!と納得させるパワーが凄まじい漫画ですがおもしろ要素や勢いだけでなくクソ外道なのに愛着を感じてしまう魅力的なキャラクターやそのキャラたちの対比、人間関係などもめちゃくちゃにおもしろい

作者が楽しんで描いてるのが伝わってくるのも好き

このマンガがすごいオトコ編8位でさらに盛り上がり2021年も忍者と極道から目が離せないな〜

あと個人的な話だけど去年まであんまり漫画読んでなかったんだけど忍者と極道を読んで他の漫画も読むようになったのでその点でも心底感謝(マジサンキュ)な…

 

 

 

ベスト10冊というよりベスト10作品だなこれ

今年はできるだけ2020年中に出されてものをたくさん読むことを意識したのでベストも2020年に刊行された本をたくさん選ぶことができました(まあ読めてないものの方が多いけど)

2020年つらいつらいつらい1年だったけど素晴らしい本はもちろん新しくソシャゲやお笑いにもハマりたくさんのコンテンツに支えられてなんとか生き抜くことができ本当に創作に救われて生きてる人生です

来年はもっとたくさん読んでアウトプットもしていきたいし世界文学と世界の料理もどんどんやっていきたいです

ではよいお年を!